特定調停とは

特定調停について知ろう

特定調停なら自分でできます。

 

債務整理をするとき、頼りになるのが弁護士さんや行政書士さんですね。

 

でも、中に自分でも可能な方法があるんです。

 

それが特定調停と呼ばれるものです。

 

これはもともとが生活の建て直しを図る一つの方法として作られた民事調停の特例です。

 

いったん申立てがあるとまず期日が設定されます。そしてその日に、調停委員が、生活の状況や今後の返済方法といったことを確認したうえで、相手と意見を聞き債務をどういった形で解消していくかを公正にそして、妥当性があるように意見の調整を行います。

条件とは??

ですから、難しい知識は不要となり個人でも可能なのです。

 

ただし、この調停が可能な条件としては債務に対し3年から5年の間で延滞や滞納といった問題がおこらないような返済計画が可能なことで、ですから全く絶望的といった場合、調停をしてところで話し合いが解決するはずがないので適用されません。

 

調停をするにしても長い時間がかかりますし、相手が強硬であれば当然まとまりせん。

 

又、この調停で行われ作成される調書は確定判決と同じく強い効力を持っているので滞納といったトラブルがあると強制執行いゆる差し押さえが起こります。

 

こういった点もあることを踏まえてこの調停を行う必要があります。