リースバックとは?

リースバックとは?

みなさんはリースバック制度をご存じでしょうか?

 

言葉だけは、という方がほとんどではないでしょうか。

 

所有している不動産を手放したくないのに、手放さざるえない時に選択肢のひとつとして、覚えておいていただければと思います。

リースバックの知識

リースバックとは簡単に説明すると、住宅ローンの返済ができない状態になった時に、
第三者に住宅を買い取ってもらい、賃貸としてその住宅に住み続ける方法です。
この第三者とは親族、友人、不動産投資家を差しています。
また第三者に求められる条件としては、それなりの資金力があり、
場合においてはローンを組む為、属性が良好な人でないと厳しいでしょう。
最近ではリースバック専門の不動産会社もあるので、そこを利用するのもひとつの手ですが、
数年後に買戻しを前提として契約する為、慎重に考えて利用しなければなりません。

賃貸契約時の注意

親族または友人の場合はある程度の融通が利きますが、
不動産投資家が第三者になった場合には綿密な契約を結ぶようにしましょう。
賃料はその土地周辺のリサーチ後、決められますが、
不動産投資家からしたら利益が見込めないものに金をだす慈善事業をやってはいません。
なので少しでも自分に良いように条件を提示してくる可能性がありますが、
全てに頷くのではなく、キチンと話しあってから決めるようにしましょう。
心理としては家に住み続けられるならと思いがちですが、
後々自分自身で首をしめることになる為、きちんとした心持でいましょう。

 

リースバックを行う際には、所有者本人の信用がなければ、
親族や友人、不動産投資家は賛同してもらえないでしょう。
それには過去リースバック利用者は、途中で賃料未払いで家を追い出されるケースがある為、
第三者側としても慎重にならざる得ないと言えます。
このことから、一番必要なのは所有者本人の信用性がなによりも大事になってくるのではないでしょうか。