個人で行うー弁護士と司法書士どちらに頼むべき?

弁護士と司法書士どちらに頼むべき?

最後に・・・。繰り返しになりますが、

 

個人で「過払い金返還請求」を成功させるには、とてつもない時間と労力と、根気、そして勉強が必要なことはもうお分かりですよね?

 

途中まで自分ですすめてみて、「これはプロに頼むしかない・・・」というような壁にぶつかってしまったり、はじめから「これは自分にはちょっと無理かもしれない」と思う方もおられることでしょう。

 

 

そのようなときは、やせ我慢せずいよいよプロに頼みましょう。

 

「過払い金返還請求」を依頼できる専門家は、弁護士とと司法書士ですが、ご存じのようにこの二つは似て非なるものですし、どちらを選択するかは、あなたの過払い金の想定金額や、専門家に依頼する理由にもよります。

過払い金の想定金額や、専門家に依頼する理由によって違いがある

そもそも論ですが、「弁護士が、基本的人権を擁護し、

 

社会正義を実現することを使命とする」のに対し、

 

「司法書士は法律の文書作成と登記に関する専門家である」と

 

いう点でまず大きく違います。

 

また、弁護士が大小問わず民事事件・刑事事件を取り扱うのに対して、

 

司法書士は金額が140万円以下の簡易裁判所で行う

 

民事事件しか扱えないのです。そしてさらに、

 

「過払い金返還請求」については「認定司法書士」と呼ばれる

 

一定の研修を受けた司法書士のみが扱えるのです。

 

司法書士のほうが報酬が安いことを前提として考えた場合、

 

(A)「過払い金返還請求」がそれほど難しいケースではなく、

 

かつ140万円以下の場合は司法書士に

 

(B)返還を請求する業社が倒産寸前だったり、

 

ヤミ金まがいだったりして、何らかの訴訟や調停に発展しそうな場合は

 

弁護士に依頼、すればよいのではないでしょうか。