住宅ローン滞納 連帯保証人

信頼できる専門家に出会えれば、そのときが任意売却のタイミング

任意売却で迷惑を掛ける

任意売却を検討している方、簡単な任意売却の流れを理解しておくことが大切です。

 

任意売却をおこなうには、相談する専門家も重要になってくるので、住宅ローンの返済が滞る心配のある人は、依頼する専門家を決めておきましょう。

 

信頼出来る専門家に出会えれば、そのときが任意売却のタイミングです。

 

住宅金融支援機構で住宅ローンを組んでいる方で、ローンの返済が滞っており、住宅金融支援機構から返済の催促がある場合は、任意売却申出書の提出が必要です。

 

この書類を提出することで、売り出し価格を確認することが出来ます。

 

そして、ここから不動産の販売が開始されます。

 

相談する専門家には、住宅ローンアドバイザー、専門の不動産業者、弁護士など様々ですが、任意売却でどうしたいかを先に相談し、依頼しましょう。

 

どの専門家に依頼をしても、必ず費用は発生しますが、任意売却の場合、依頼費用の他に、仲介手数料も必要になります。

 

仲介手数料は、売却額の3.15%+¥63000までと決まっているので、上限を超えた請求がある場合は、上限を超えた金額を支払う必要はありません。

 

専門家に寄っては、無料相談を応じてくれる事務所や業者もあるので、まずは無料相談を利用し、いい専門家を選びましょう。