返済が出来なくなった瞬間が任意売却のタイミング

住宅ローンの返済が出来なくなった瞬間、これが任意売却のタイミングです。

 

住宅ローンの返済が出来なくなった瞬間、これが任意売却のタイミングです。

 

住宅ローンの返済が滞ってしまうと、3ヵ月?6ヵ月で住宅ローンの債権が保証会社に譲渡されてしまいます。

 

債権が保証会社に譲渡されてしまうと、債権者に住宅ローンの見直しをしてもらうことが難しくなってしまいます。

 

債権が譲渡されることで、1ヵ月も経てば保証会社から一括弁済の要求、さらに1ヵ月経てば競売を申し立てられることになるでしょう。

 

競売を申し立てられれば、担保競売開始決定通知が裁判所から特別速達で届き、1ヵ月以内には、執行官が不動産の調査に入ります。

 

それから3ヵ月?6ヵ月で期間入札が始まり、売買されてしまいます。

 

競売にかけられれば、時価よりも安い値段で不動産が買い取られ、債務だけが残ることになってしまいます。

 

競売を避けるため、何よりも大切なのが、任意売却を早くすることです。

 

債権者との交渉が遅くなればなるほど、債権者が競売の処理を進めているので、交渉は難しくなり、競売が始まってからでは競売を中止することさえ出来なくなります。

 

競売の入札開始日までは、任意売却をすることが出来ますが、入札1ヵ月を切ると、任意売却に切り替えられる可能性が低くなります。