住宅ローン滞納 連帯保証人

保証人に迷惑が掛かる

住宅ローンの返済が滞っている場合、債権者である銀行や消費者金融から通知が送られてきます。

 

通知が送られてきたことに危機を感じ、通知を無視している人も少なくありません。

 

何度も送られてくる通知を無視しているだけでは何の解決にもならず、最終的にはせっかく購入した不動産が競売にかけられてしまうので、すぐに通知を確認しましょう。

 

債権者から送られてくる通知は、退去命令などではなく、購入した不動産を任意売却するかの確認書類です。

 

この時点で債権者から救済のチャンスが与えられていることを理解しておきましょう。

 

競売で売却されると、時価よりも安い価格で買い取られ、強制退去しなければならなくなってしまうだけでなく、残っている債務は支払う必要があるので、残るのは債務だけです。

 

しかし、任意売却で少しでも高く売却することが出来れば、返済額が減るので任意売却後の生活が少しでも楽になります。

 

これらの確認書類が届いたときが、任意売却のタイミングです。

 

催告書、来所依頼書、督促状、最終通知書、任意売却のお知らせ、任意売却のパンフレット、競売申立予告のご通知など、他にも多くの書類がありますが、ひとつでも届けば、すぐに行動を起こさないと取り返しがつかなくなってしまいます。