住宅ローンの返済が厳しくなったら任意売却の検討を

住宅ローンの返済が厳しくなったら任意売却の検討を

住宅ローンの返済期間は30年程度の期間であることが多く、最初は余裕で返済できても、その後の社会情勢の変化などで返済が厳しくなることがあります。

 

この場合、多くの方は自己破産や個人再生と言う言葉が思いつくかもしれませんが、これらの方法は最後の手段であり、もっと前段階として任意売却の方法があります。

 

これは、不動産業者が銀行側と交渉し了承を得たうえで、不動産業者自体が物件の買取りをする方法です。
権利関係が複雑な場合、この方法を取ることができないこともありますが、借主と物件所有者が同一であれば問題なくこのスキームで処理することが可能です。

 

自己破産を選択してしまうと、住宅は競売にかけられてしまいます。
この場合文字通り二束三文で売却されたうえで、決められた立ち退き期限までに退去する必要があります。

 

これに対し、任意売却であれば、退去期限は自分の都合がある程度通るばかりか、一般的に引越費用も出ますし、売却価格も高いです。

 

個人再生の方法を選択すると、弁護士が信販会社や銀行と交渉をします。住宅を残しながら、現実的に債務返済が可能な金額まで債務金額の減額交渉をするのです。
債務は残りますが、住宅も残ります。しかし簡単に交渉がまとまる保証はなく、最後は任意売却に落ち着くことも多いです。