住宅ローン滞納 連帯保証人

サラ金でお金を借りる前が、任意売却のタイミングです。

サラ金でお金を借りる前が、任意売却のタイミングです。不景気が続いている日本の社会情勢の中、給料やボーナスの減額で収入が減る、リストラで収入がなくなってしまうことが原因で、住宅ローンの返済が出来なくなってしまう人も少なくありません。

 

住宅ローンの返済が出来なくなってしまった債務者の多くが、サラ金などで借金をし、最終的には多重債務者になってしまうこともあります。

 

 

サラ金でお金を借りる前が、任意売却のタイミングです。

 

サラ金でお金を借りる人の多くが、住宅ローンの返済が厳しくなってきた、住宅ローン以外でも借金がある、収入が減り住宅ローンを滞納するかもしれないなど、返済が滞る不安を抱える瞬間があります。

 

そこで、サラ金でお金を借りていては本末転倒です。

 

不景気で返済が厳しくなってきたのであれば、まず債権者である銀行や消費者金融に相談をし、1番良い方法を検討してもらいましょう。

 

銀行や消費者金融は、不景気である社会情勢をしっかり理解しているので、このような相談には柔軟に対応してくれます。

 

住宅ローンの返済を頑張って続けていたが、これ以上はどうすることも出来ない場合は、まず相談することから始めましょう。

 

1人で抱え込んでいるだけでは、競売にかけられてしまうことにもなりかねません。