住宅ローン滞納 連帯保証人

住宅ローンを滞納すると連帯保証人に迷惑を掛ける可能性があります!

住宅ローン滞納 連帯保証人

住宅ローンの返済が何度か滞ってしまった場合、銀行から一括返済の請求が来ます。

 

期限の利を益喪失したということで、住宅ローンの残額を一括で返してくださいというものに変化します。

 

その際に連帯保証人がついていると、連帯保証人に対しても同じように一括で支払ってくれというびっくりするような数字が記載されているものが郵送されてきます。

 

ですから、連帯保証人に黙っていることはできません。

 

住宅ローンの返済が厳しく、払い続けることが出来ない場合は、任意売却を考えなければなりませんが、事前に連帯保証人とは連絡を取り合って事情を説明する必要があります。


任意売却するタイミングは、返済出来なくなった瞬間です。

連帯保証人

任意売却は、早く決断することが大切です。

 

リストラで収入がなくなったため、住宅ローン返済の見込みが立たなくなってしまった。

 

ボーナスの減額で、住宅ローンの支払いができない、すでに返済が2ヵ月以上滞っている。

 

この時点では、多くの人が何とか住宅ローンを返済しようと頭を抱えている頃ですが、返済が出来ない状況で更に借り入れをすることはやめましょう。

 

少しでも返済に不安を感じ出したとき、感じたときに債権者や専門家に相談しておくと、任意売却もうまくスムーズに進みます。

 

銀行などの金融機関、消費者金融から面談の連絡がある。

 

催告書や督促状、期限の利益の喪失の通知が届いた。

 

代位弁済通知が保証会社から届いた。

 

競売にする連絡が入ったなどの場合、すぐに専門家に任意売却の無料相談を利用しましょう。

 

急いで相談すれな、最悪の状態を避けられる可能性がまだあります。

 

競売開始決定通気が届く、差し押さえが入る、裁判所からの執行官が調査に来た。

 

ここまで進んでしまえば、ほぼ競売が決定しています。

 

任意売却に出来る可能性はとても低くなりますが、可能性はゼロではありません。

 

あきらめる前に、専門家に相談しましょう。

 

任意売却するタイミングは、返済出来なくなった瞬間です。